組織

機能ゲノミクス分野概要

1. 植物機能ゲノミクス部門

植物機能ゲノミクス部門の写真

 従来の遺伝子実験施設が担っていた遺伝子関連技術に関する支援、組換えDNA実験に関する安全教育と安全管理に対する指導助言を行うとともに、植物作物の生産性や質の向上を目指す有用遺伝子の単離、機能解析及びトランスジェニック作物の開発に関する研究支援を行います。特に、遺伝学的に同定された有用形質を担う植物遺伝子のポジショナルクローニングによる単離及び機能解析に関する研究を作物ゲノミクス研究として位置づけ重点的に支援します。この様な有用遺伝子の単離・解析には、ゲノム配列情報並びにゲノム科学的研究手法と、QTL解析等の遺伝学的手法の両方を駆使することが必須であり、そのノウハウと必要な設備を提供します。また、単離遺伝子を利用したトランスジェニック植物作成支援及び開放系での生育試験の環境を整備しその管理を行い、この様な実験の安全管理に対して、指導・助言を行うとともに安全教育を実施します。さらに、生物生産分野での共同研究プロジェクトの企画・立案及び対外的調整を行い、学内外における共同研究の活発化に対する支援を行います。

ページトップへPage Top

2. 動物機能ゲノミクス部門

動物機能ゲノミクス部門の写真

 従来の医学部附属動物実験施設の管理、運営、教育、技術支援業務を引き継ぐとともに、大学内、国内研究者の要望に応えて遺伝子改変マウスを作製します。効率的に遺伝子を導入するベクターの開発、組織・時期特異的に遺伝子機能を調節できる遺伝子改変マウスを効率よく作製する新技術の開発、作製技術を持つ人材の育成等を行います。作製された遺伝子改変マウスを精子又は胚で凍結保存し、これらの特性情報を一元的に管理し、依頼に応じてマウスを供給する体制を確立します。また、開発された遺伝子改変マウスの相互利用を促進するため、遺伝子改変マウスの系統化やモデル動物化、遺伝学的・微生物学的品質管理等に対応できる研究支援体制を確立します。さらに、医学・薬学や栄養・機能性食品といった分野での共同研究プロジェクトの企画・立案及び対外的調整を行い、学内外における共同研究の活発化に対する支援を行います。

ページトップへPage Top

3. ヒト機能ゲノミクス部門

ヒト機能ゲノミクス部門

 最近、約30億のヒトゲノムの全塩基配列の解析が完了しましたが、次に重要となる研究課題は、個々の遺伝子の機能と発現調節の解析であります。特に医学研究においては、その成果の社会への還元が重要であり、種々の疾患や病態に関連する遺伝子の探索や遺伝子発現状態を解析するとともに、これまでに蓄積された膨大な疾患関連情報とゲノムの関係を効率良く解析する必要があります。具体的にはSNP(1塩基多型)等の解析を通じて、様々な病気の診断・治療あるいは、各人の個性診断に基づくテーラーメイド医療を可能にします。本学では、血液及び循環器系の疾患や固形癌の創薬や治療に関する高水準の遺伝子研究(治療ゲノミクス研究)が進められていることから、この分野での研究を組織的に推進するための重点的支援を行います。さらに、治療ゲノミクス関連分野での研究プロジェクトの企画・立案及び対外的調整を行い、学内外における共同研究を活発化するための支援を行います。

ページトップへPage Top

4. バイオインフォマティクス部門

バイオインフォマティクス部門

 本学における、植物、動物及びヒトのゲノム機能研究は、著しく進展しており、そのゲノム情報の蓄積は爆発的に増加しています。一方、国際的にも多くの生物種におけるゲノム機能プロジェクトの発展に伴い、数多くのゲノム情報データベースが構築・公開されています。これら本学におけるゲノム機能情報の解析と国際的ゲノム情報データベースを統合的に解析することにより、今後の本学における機能ゲノミクス研究の発展を図ることを目的とします。この目的の達成には、バイオインフォマティクス関連の施設設備と専門研究者の充実が必要不可欠であり、この充実に向けた取り組みを行います。

ページトップへPage Top